2016年3月6日日曜日

【日曜コラム】Beatport売却で音楽配信を危ぶむ



前回の日曜コラムに続き、Beatportのお話を。
Beatportを買収し、親会社となったSFX Entertainmentが破産申請をするニュースが飛び交ったのが2月の頭。その後、Beatport自体も2015年度決算で赤字転落しているという発表も流れました。そして先日、SFXがBeatportの売却を発表しています。
SFXに買収後、SFXのイベント・ビジネスを補完する狙いで定額制音楽ストリーミングサービスや、フェスのライブストリーミング配信などサービスを拡大化していましたが、そのコスト増の為か、近年のダウンロード販売の低迷の影響なのか、赤字化、さらに売却されるというSFXに振り回される結果となりましたね。ハードウェアメーカーの話にはなりますが、AVIDに買収後、振り回されて売却されたM-Audioが頭に浮かびます。
入札形式での売却先決定となり、すでに多くの買い手が名乗りをあげているのには少し安心しましたが、売却先や売却後の展開によってはその存在も危ぶまれます。
インディーレーベル、アーティストからも重要な販路となっているBeatportだけに、今後の復活を期待してしまいますね。