2015年12月26日土曜日

【Music Tech】Sinevibesのエンベロープ・シーケンサー



フィルターやディレイなどをシーケンシャルにコントロールできるアプローチで多彩なエフェクトをリリースしているSinevibesから、新しいエフェクト「Inertia 2.0」がリリースされています。
音量を細かくシーケンスしてトレモロのように、場合によってはスタッターのように加工できる「Intertia」のアップグレードバージョンで、エンベロープタイプを選べるようになり、より複雑な加工が可能になっていますね。
グリッチやエレクトロなどに相性の良いSinevibesのエフェクトは、ループベースの音楽にプラスアルファを加えることができて重宝します。


2015年12月21日月曜日

【Music Tech】シンプルなハードウェアルーパー「720 Stereo Looper」


electro-harmonixがコンパクト・エフェクタータイプのシンプルなルーパー「720 Stereo Looper」をリリースしています。
Nano Looper 360の強化版のような位置付けで、24bit/44.1KHz、12分の録音が可能で、ギターの練習やライブでの使用に最適なコンパクト・ルーパーですが、PCレスのガジェット・パフォーマーにも良さそうですね。
国内代理店のページにはまだ未登場ですが、近くに販売開始になると思われます。


2015年12月13日日曜日

【Music Tech】djay PRO for iPad



Mac、iOSの両プラットフォームで人気を博しているDJアプリ「djay」のPROバージョンが、Mac版に続き、iPadバージョンもリリースされました。
Spotify対応やスマートキーボード対応や4デッキ、ビデオストリーミングなどの機能を有しており、かつ複雑になりすぎない設計はiOSとの相性は非常に高いですね。
ビデオのミキシングやスクラッチなどVJにも使える機能や、ビデオ録画にも対応したのもポイントですね。


2015年12月11日金曜日

【Music Tech】Novation Circuitを再考する


ガジェットブームが進む中、他デバイスとは少しちがったアプローチで登場したNovationのグルーブボックス「Circuit」。Ableton Liveにも通ずるような直感的なアプローチ、ステップシーケンサーとしても、ドラムパッドとしても使えるパッド、乾電池でも動作する手軽さを備えた、よく練りこまれたデバイスという印象ですね。
MIDIコントローラーとしても動作する点もうれしいところです。NI MaschineやAKAIのMPCシリーズとも違うグリッドシーケンサーを中心としたアプローチは、エレクトロな音楽との相性も良さそうですね。


2015年12月4日金曜日

【Music Tech】トラッカーの雄「Renoise」のプラグイン・バージョン



一般的なシーケンサーとは異なる数値ベースのいわゆるトラッカーの遺伝子を引き継ぐドイツのRenoiseチームにより開発されている「Renoise」。縦に流れていくシーケンスは、マトリックスも連想させる独特なものですね。
このRenoiseも、今やDAWと呼んでも遜色無いくらいの高機能なものになっています。さらに今年の6月にはプラグインバージョンとも言える「Redux」もリリースされていて、未だに根強いファンに支えられつつ進化を続けているんですね。
視覚的にも、プロセス的にも成熟しているDAWと比べ、ピアノロールを持たない独特なトラッカータイプのプロセスを通常のDAWに加味できるReduxは、トラッカーに興味がありつつも慣れ親しんだDAWから移行しづらいユーザーには魅力的です。